⭐新元号『令和(れいわ)』と決まる。 その言葉の意味に沿った国内外と成り得るか。新たな時代を迎えるにあたって…

しばらくのご無沙汰で、失礼致しました。
4月に入り、改めてブログを再開させて頂きます。
いつも有難うございます!m(_ _)m

◆新元号が決まりました。

『令和』の時代へ

若い人たちは「君、平成生まれか!」と、いろんな意味で言われてきたと思いますが、
ひとつ年号をまたいで、重厚感が出ると言いますか、表現が少し変わってくるかもしれませんね。

さて、
出典は「万葉集」梅花の歌からとのこと。

東京大学の大木教授(中国文学)によると、
「令」は「吉」に通じ〝めでたい〟意味がある、とのこと。

また日本語学者・金田一氏によると、
「令」の字は、「古くは〝神様のお告げ〟という意味」との解説がありました。

なるほど、神様から、
国内では『日本国民よ「和」を守れ』、
そして国際社会では『日本よ、世界の「和」を護る守護神となれ』と言われているようにも感じます。

確かに、日本には、古事記をみても「軍神」といわれる神々か多くおられます。
祀られている神社でもそうですし、お寺の門の前でも筋骨隆々の仁王像がおられます。

「和」を守る為には、
古来より両面があるとのことです。

可能な限り争いは避け、平穏に事を進める姿勢や努力が大切だということと、

また、「和」を護るためには「正義の戦い」もあり、その使命を持った者が、日本や世界を護ってきた、という歴史もまたあるということ。

私自身、政治の場で公僕(おおやけのしもべ)の立場で「お返しの人生」を志す者として、
私事で恐縮ですが、その精神的な姿勢は以下からきております。

〝政治〟とは、政(まつりごと)。
古来より、神々が行われていた〝政〟を地上の人々が代わって行っているのが「政治」。
必要なのは 〝政治〟とは「神事」であり、「神聖」なものとの認識。
政治家の根底には、これに基づいた〝倫理観〟や〝宗教的精神〟が必要である、と考えております。
謙虚さ、正直さ、正義感、そして信仰心…

最近、伊勢神宮へ参拝される政治家が
限られているとのこと。
信条的に参拝できない政治家も多いと聞きます。
政治家ならば、ご挨拶とご報告に行くのが
〝礼節〟だと思いますが…
(最近では、これを言うと炎上するらしく…)
しかし、自分の使命や覚悟について、ご報告や祈りがあってこその立場ではないでしょうか?

近年、国や地方議員の「劣化」が叫ばれています。

記憶に新しいのが、

数々の政務活動費の不正受取り。
議員同士での「クズ、ゴミ」の暴言での刑事訴訟。
過去には「ちがうだろ!」の罵倒からの議員辞職や数々のパワハラ、セクハラ問題。
皆さんも感じておられるであろう、揚げ足取りに終始する「国会」の姿、等々。

地位や権威の〝私物化〟

自分の立場第一の〝保身〟

国民への感謝と使命の〝忘却〟

オーマイガー!
国民の皆さんからの声が聞こえます。

新しい『令和』の時代。

皆さんの目の前に迫った、
「繁栄」の〝種〟と
「差し迫った危機」の〝種〟

さあ、どう「舵」を切りますか?!
その行動が迫られる時代に入りました。
「主権者」は、私も含めて〝国民〟の皆さんです。
「ハンドル切らないと事故りますよ」という現実。

近い将来に向けて、私たちの子供や家族、そして日本やアジアを守る為には、いろんな意味で、もう時間があまりないと思われます。

『令和』の時代が〝神様のお告げ〟であるならば、
〝吹田市民よ日本を救え!〟という感じでしょうか。

私はそのつもりで立っております。

皆さんのお力が必要ですm(_ _)m
〝愛する人〟や〝誇り〟を守る為にも、
共に頑張りましょう!!

長々とすみませんm(_ _)m
熱くなってしまいました。
今後の皆さんの幸せに関わることなもので…

… ※ … ※ … ※ … ※ … ※ … ※ … ※ …

いつも有難うございます。
頑張って参ります!

あさか利顕(吹田市)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です