🌏新『令和』の時代で祝福ムード。しかし世界は「自由」と「統制」の秩序を選ぶ勝負の時代へ!

5月1日
新しい『令和』の時代へ。

天皇陛下が譲位され、平成は幕を閉じ、
本日、日本は新たな令和の御代を迎えました。
国民に常に寄り添ってこられた今上陛下の
ご功績に対し感謝を捧げるとともに、
新天皇陛下のご即位を
心よりお慶び申し上げます。

さあ、この先
日本国民は、どの道を選びますか?

今、世界でGDP1位と2位の国、
軍事力でも、規模や実力が接近してきた
「アメリカ」と「中国」との戦い。

これは『世界秩序』を決める戦いなのだと
お気付きでしょうか?

◆自由主義体制(自由と民主と信仰)
.   VS
◆共産主義体制(統制と独裁と唯物)

2019~2021年は、この最終決戦の時代に入る!
日本国民と政府は、この緊急事態に
どちらを選ぶのでしょうか?

以下、日本を守る「保守」の立場であれば、
これからの『国政選挙』へ向けて、
外してはならない重要ポイントを
共有できればと思います!

 

★外交・国防

「アメリカ」「ロシア」「日本」の連携を重視。
日米同盟を基軸としながら、
日本が主導してアジア・オセアニア・インド地域
にわたる国際的な防衛体制の形成へ。
対中抑止を図るとともに、
中国や北朝鮮の民主化・自由化を促すための
外交展開が急務。
「台湾」を中国から守れるかが沖縄防衛に直結。
(中国/朝鮮半島へ発言できない政党はダメ)

 

★経済・景気回復

大減税・規制緩和で日本経済の活性化へ。
消費税率を5%への引き下げ、
法人実効税率を10%台へ。
自然増収による財政再建を図りつつ、
名目GDP倍増の早期実現へ。、
企業の「国益」を度外視した利益優先姿勢、
グローバリズムの終焉へ。
(増税容認政党は景気回復の意思はナシ)

 

★自治・国家体制

「都構想」や「道州制」は、
日本を分断させる政治哲学。
中央集権体制を弱めることは、
江戸時代の幕藩体制に戻ることで、
国防の危機から始まった明治維新と逆の考え。
結局、沖縄知事の様な行動が全国へ広がることに。
大阪では「府」と「市」の協議で済む問題。
(国防重要時に道州制の政党選択は自殺行為!)

※ちなみに、政府が掲げるべき政策を
『実現実現党』だけが明確に提言している状況。

日本国民の『正しい政治選択』が
日本の運命を決める時代。

全国 そして 関西の皆さん!
単に、目の前の利益や景気策など、
世間で騒がれている〝長いもの〟に巻かれて、
日本国民が『真の国益』を見失うと
取り返しがつかない時代になると思うのです。

『日本』を護るため、

戦後の「常識」を捨て、

今、国民の大和魂が

目を覚ます時代になることを

心から 強く願います!

… * … * … * … * … * … * … * …

大阪よ日本を救え!!

あさか利顕(吹田市)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です