あさか利顕さんを応援しています!

安積(あさか)さんの「熱意」「智慧」「行動」が吹田を変えると期待

阪神大震災から23年。吹田は、天災に強いと信じていたのが、何の根拠もない思い込みであったことを如実に知らされた一年でした。

6月18日の大阪府北部を震源とする地震、9月4日の台風21号では、千里丘地区も大きな被害を受けました。屋根や壁等の補修もままならず、いまだにブルーシートのままという住戸も多く見受けられます。
地震・台風の後始末は済んだとは言えない状況です。

私ども山二地区防災対策委員会では、結成以来10年間、地道に防災訓練や啓発活動を重ねてきました。

安積(あさか)さんは、防災に対しても高い意識をお持ちです。
市政での準備はもちろんですが、発生直後は、自助、互助、共助、そして公助で連携できる体制が必要だといつも熱く語ってくださる姿に共感しています。

千里丘連合町会では、今回の地震と台風での反省を踏まえ、必要な地域状況をすばやく地域の皆さまに届けるための「防災メール登録」とすばやい安否確認のための「無事ですカード」の全戸配布をはじめました。

安積(あさか)さんのような「熱意」「経験をとおした智慧」「気力」「体力」のある方が、吹田市の市政を担って下さることを期待します。

山二地区防災対策委員長
千里丘連合町会 副会長
宮井 茂

 

 

あさか利顕/本気で吹田をよくする会 活動ご報告

「本気で吹田をよくする会」に寄せられたご意見やご要望、
また私が直接皆さまから伺った日々の生活の中で、ちょっとしたお困り事やご提案などを
私なりに調べてたり、考えたことを綴っていきます。

阪急南千里駅:「雨が降るといつも通路が水浸し、何とかして!」

2/6の朝は雨。
南千里駅でご挨拶をさせて頂きました。
ご通勤途中のご主人から、
「何とかしてくれ、この通路!」
「何べん言っても改善しない!」とのお声。

現状を調べてみると・・・

 

なるほど・・・(もう少し傾斜があれば、側溝に流れるのに…)
改札までの通路は、整備されて奇麗なのですが、
雨が降ると水が浮きすぎて、水たまりの中を歩いて渡るような感じに。

皆さん、つま先立ちや、足の踏み場を探しながらのご通勤。
確かに大変そうです。

一度、通路の所有/管理先を調べ、改善要望の提出先を確認することにします。
ひとまず、状況写真を収めました。

お声を頂き、有難うございます。
追って、ご報告させて頂きます。m(_ _)m

いつも有難うございます。頑張って参ります!

 

ご通勤中のご主人 I様
2019年2月9日

南千里駅の水溜りの件で要望した男性です。
写真まで掲載していただき、ありがとうございます。
意欲を感じます。
今後も期待しています

ご報告
2月12日、吹田市土木部 道路室 整備補修担当へ、
状況説明と対応依頼を伝えに行って参りました。

写真も含めて「現場報告」を資料にし、担当者のお二人に説明いたしました。


結果、「早々に現場確認します」との返答をもらい、追って対応案を連絡頂くことになりました!
(現場の状況写真があったのが効いた模様です)

とりあえず行政側の動きを待つことにし、ご要望者の方へもご報告させて頂きました。

やはり、住民の皆さんでないと分からない「課題」「問題」「お困り事」がありますね。
お声は、ほんとうに貴重です。

いつも有難うございます。
あさか利顕、しっかり動いて参ります!